ツインレイ

ツインレイ男性は気持ちを言わない?好きと言わない、気持ちを隠す理由を解説!

ツインレイ男性は気持ちを言わない?好きと言わない、気持ちを隠す理由を解説!
記事内にプロモーションを含む場合があります

 

「ツインレイ男性は気持ちを言わないもの?好きって言わないで隠すのはどうして?」

 

ツインレイである男性とやっと出会えたと思ったのに、相手が自分のことを好きと言ってくれないと不安になりますよね。

しかもツインレイ男性は愛を伝える役割を持っていると言われているのに、気持ちを隠すのはどうしてか疑問です。

 

今、ツインレイ男性について深く知りたい人は、このような疑問を持っているのではないでしょうか。

 

  • ツインレイ男性は好きと言わない?
  • ツインレイ男性が気持ちを隠すのはなぜ?
  • 気持ちを隠すツインレイ男性の本音は?

 

そこで今回は、ツインレイ男性が好きと言わないで気持ちを隠す理由についてまとめました。

本音を隠すツインレイ男性への対応も紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね!

 

ツインレイ男性は気持ちを言わない?好きなのに本音を隠すって本当?

ツインレイ男性は気持ちを言わない?好きなのに本音を隠すって本当?

 

ツインレイ男性が、本音を隠して好きと言わない時があるのは事実です。

同じ魂を分け合ったツインレイの2人は、魂の統合という目的のためにそれぞれ役割を持って生きています。

 

ツインレイ女性を愛して精神的にも肉体的にも支えるのが男性、愛をしっかりと受け取り発信していくのが女性。

愛情を自ら発信して与えていく側が男性ですので、本来であれば気持ちを言うのは得意なんですね。

 

それが自分の役割ですし、精一杯全うしようとするはずです。

ですが、そんなツインレイ男性でも好きなのに本音を隠すときがあります。

 

人はいろいろな側面を持っているように、ツインレイ男性も「熱心に愛情を伝えてくれる」ときばかりじゃないということ。

ツインレイ女性からすれば「私のこと好きじゃないの?」と不安になってしまいますよね。

 

しかし、ツインレイ男性が気持ちを言わないのにはきちんと理由があるんです。

このあと、好きと言わない理由をみていきましょう。

 

好きと言わない、気持ちを隠す理由を解説!彼が本音を隠すのはなぜ?

好きと言わない、気持ちを隠す理由を解説!彼が本音を隠すのはなぜ?

 

本来であれば、愛情を伝えるのが得意なツインレイ男性です。

そんなツインレイ男性が好きと言わずに、気持ちを隠すのはどうしてでしょうか?

 

彼が本音を隠す理由10選を、詳しく解説していきましょう!

 

ツインレイ男性が本音を隠す理由
  • 好きだという気持ちが大きするから
  • 自己肯定感が低く、消極的だから
  • 言葉より行動が大切だと考えている
  • プライドが高すぎるから
  • 女性に拒まれるのを恐れているから
  • ありのままの自分を見せたくない
  • 気持ちの言語化が得意ではないから
  • 打ち明けられるほど親しくないから
  • 言葉にしなくても伝わると思っている
  • 女性が傷つくかもしれないと思うから

 

好きだという気持ちが大きすぎて言葉にできないから

 

気持ちを隠す理由のひとつめは、好きだという気持ちが大きすぎるからということがあります。

簡単に言葉にしてしまうのがもったいないほど、ツインレイ男性の中であなたへの思いが大きくなっていることが理由です。

 

そもそも、ツインレイの2人が現世で出会うことはまさに奇跡といえます。

ツインレイがいたとしても出会わないまま一生を終えることも多いので、出会えて側にいられるというのは、この上ない幸福です。

 

そんなツインレイの相手に出会った男性は、これまで経験したことのないような強い愛情をあなたに持つように。

魂レベルで深くつながっているツインレイですから、ときに自分でもコントロールできないくらい気持ちが溢れてしまいます。

 

簡単に「好きだ」と言ってしまうのはもったいないくらいの愛情を持っているため、なかなか言葉にできなくなっているんですね。

 

自己肯定感が低く、消極的だから

自己肯定感が低く、消極的だから

 

ツインレイ男性が本音を隠す理由に、自己肯定感が低いということがあります。

普段ポジティブな男性も、相手がツインレイ女性とあっては話は別なんです。

 

「自分がツインレイの相手でふさわしいのか」と悩むために、積極的に好きだという気持ちを伝えることができません。

特に、「出会ったころは好きだといってくれたのに最近は言ってくれなくなった」というときはこの状態に当てはまります。

 

気持ちが薄れたのではなく、自己肯定感がなくなっている状況なんですね。

ツインレイの2人は出会いから魂の統合に到達するまで、いくつかのステージを経験していくものです。

 

「試練」のステージにのぼったとき、ツインレイ男性は2人の関係に不安や恐れを抱くようになります。

その結果、以前と同じように素直に気持ちを伝えることができなくなってしまうんですね。

 

ツインレイであっても、各ステージで起こる心境の変化は男女で違います。

実は、ツインレイ男性が不安を抱いている時期は、ツインレイ女性にとっては相手を強く求める時期。

 

なので、余計にツインレイ女性は気持ちを隠すツインレイ男性に対して不満を持つようになります。

 

言葉より行動が大切だと考えているから

 

ツインレイ男性は、気持ちを隠しているつもりがないのがこちらの理由です。

言葉よりも行動で示すことが大切だと考えており、本人はツインレイ女性への気持ちを行動や態度で十分示していると思っているのでしょう。

 

実はこれは、ツインレイに限らず世間一般的に男性にはよくあることで、行動こそ伝わると思っているのです。

「言葉で言っても嘘っぽい」とか「言葉では相手に伝わらない」と思いこんでいるんですね。

 

急にプレゼントを買ったり、食事の用意をしてみたり、男性は男性なりに行動で女性への好きの気持ちをアピールします。

しかし、残念なことに言葉が足りていないので、女性にはその気持ちが伝わっていないことがほとんどなんです。

 

「言葉で伝えてほしい女性」と「行動で示したい男性」という両者の考え方のギャップがお互いに不満を持つ結果になってしまいます。

 

プライドが高すぎるから

プライドが高すぎるから

 

高すぎるプライドが邪魔して、自分の本音を言えなくなっているのかもしれません。

基本的に男性はプライドが高い生き物です。

 

「女性を愛し支える」という役割を持っているツインレイ男性でも、無意識のうちに「恋愛面では優位でいたい」と感じています。

自分の気持ちを包み隠さず相手に伝えていては、自分の立場が下になってしまうと思ってしまうことがあるんですね。

 

それでは自分のプライドが許さないため、あえて本音を隠している場合が多いのです。

彼自身も、自分でそんなプライドの高さにうんざりすることがあるでしょう。

 

本音ではツインレイ女性を愛している自分の気持ちを分かっています。

相手からの愛情が確認できれば、抑えていた気持ちを一気に伝えてくる可能性があります。

 

好きだと伝えて女性に拒まれるのを恐れているから

 

ツインレイ男性はツインレイ女性に愛情を伝えるという役割を持っていますが、誰でも最初からその役割を全うできるわけではありません。

積極的に愛情を示せるのは、ツインレイ女性も自分のことを好きだと分かってからです。

 

誰でも確信が持てない状況で、愛情を伝えるのは怖いと思うものですよね。

「嫌がられたら?」「拒まれてしまったら?」と思うのも、ある意味当然ともいえるでしょう。

 

相手の気持ちに確信が持てないうちは、「もし拒まれたらどうしよう」と思ってなかなか気持ちを言い出せずにいます。

また、ツインレイ男性がツインレイ女性に対して持っている気持ちは、一般的に「重い」と揶揄されるもの。

 

想いことは自分でも分かっているので、「こんな重い気持ちを知られるのは恥ずかしい」と感じています。

男性はプライドが高いために、もし自分が気持ちを伝えて拒まれでもしようものなら、それはとても恥ずかしく耐えられないことなんですね。

 

「傷つくくらいなら気持ちは伝えないほうがいい」と、本音を隠すのは女性よりも男性のほうが多いんです。

 

ありのままの自分を見せることに抵抗があるから

ありのままの自分を見せることに抵抗があるから

 

ツインレイ男性は、ツインレイ女性に対して「恰好を付けたい」と思っています。

なぜなら、女性を愛し支えるのが自分の役割だと理解しているからなんです。

 

自分の気持ちの方が大きいことを相手に気付かれてしまっては、いざというとき女性を守れないと思っているんですね。

「惚れた弱み」じゃないですが、自分の方が気持ちの面では上にいたいと思っているんです。

 

そんなツインレイ男性にとって、「好きだ」と気持ちを隠さないありのままの姿を見せることは相手に弱みをみせるようなもの。

ツインレイ女性からの強い愛情を感じたら、やっとツインレイ男性も自分の気持ちを出していけるようになるでしょう。

 

気持ちの言語化が得意ではないから

 

ツインレイ男性が好きと言わない、気持ちを隠す理由に気持ちを言葉にするのが苦手ということがあります。

もちろん、ツインレイ男性の中でツインレイ女性を好きな気持ちはきちんとありますし、それを相手に伝えたいとも思っているでしょう。

 

しかし、どうしても言語化することができません。

「好き」とか「愛してる」と相手に伝えている自分がどうしても恥ずかしいんです。

 

これは、ツインレイの「客観的に物事をみることを得意とする性質」が関係しています。

ツインレイはあまり感情に流されることはなく、理性に基づいて行動することが得意です。

 

だから、自分の行動ひとつとっても客観的にみてしまうんですね。

相手に感情を素直に伝えている自分というのがとても恥ずかしく、なかなか伝えることができなくなってしまいます。

 

気持ちを打ち明けられるほど親しくなっていないから

気持ちを打ち明けられるほど親しくなっていないから

 

気持ちを打ち明けられるほど親しくなっていない、ということも本音を隠す理由のひとつ。

一般的にツインレイは、男性の方が先に気付くと言われています。

 

先に気付いた男性が女性にアプローチすることで、女性も相手がツインレイであることに気付くというパターンが多いです。

つまり、出会ったばかりの時点ではツインレイの間には気持ちの差があるということなんですね。

 

まだ、相手の気持ちもどうか分からないとき、積極的に気持ちを伝えるには勇気が必要です。

男性はプライドが高いため、できるだけ失敗をしたくないと思っているもの。

 

相手の気持ちがまだよく分からないうちから、気持ちを伝えるのは男性にはとてもリスクが高いのです。

 

言葉にしなくても相手に伝わると思っているから

 

ツインレイ男性がツインレイ女性に持つ気持ちは、非常に深いものです。

自分でも驚くほどであり、これまで付き合ってきた女性には感じたことのないほどの大きな愛情を持ちます。

 

自分の強い愛情は、隠そうとしても隠しきれていないと思っているでしょう。

そのため、「自分がこんなに好きなんだから相手にはもう伝わっているだろう」と勘違いをするんですね。

 

確かにツインレイ同士は相手の考えていることがなんとなく分かりますが、一字一句相手に伝わるわけではありません。

テレパシーのように心が通じあっていても、ぼやけるところがあるのも当然です。

 

そのため一緒にいて何となくの空気を察することはできても、相手の気持ち全てを理解することはできません。

「相手も分かってくれている」というのは思い上がりであり、言葉にしないことの怠慢といっていいでしょう。

 

好きだと伝えることで女性が傷つくかもしれないと思っているから

好きだと伝えることで女性が傷つくかもしれないと思っているから

 

「好きだと伝えることで女性が傷つくかもしれない」という不安を持っているのも理由です。

そんな不安から、自分の気持ちを抑えて本音を隠すツインレイ男性もいます。

 

もしかしたら、男性はツインレイにおいてサイレント期間に突入しているのかもしれません。

サイレント期間とは、ツインレイ同士が魂の統合を果たすために避けては通れない時期のことです。

 

ツインレイ男性にとって、サイレント期間は自分自身と向き合うとき。

自分と向き合った結果「自分ではツインレイ女性を幸せにはできない…」と自信を失くすことが多くあります。

 

自分に自信がない状態なので、今気持ちを伝えることは相手の負担にしかならないと思うようになるのでしょう。

これまで好きだと伝えてきた人も、ぱたりとツインレイ女性への気持ちを閉じ込めてしまいます。

 

気持ちを隠す、好きだと言わないツインレイ男性の本音は?

気持ちを隠す、好きだと言わないツインレイ男性の本音は?

 

気持ちを隠し、好きだと言わないツインレイ男性がいるのは事実です。

しかし、その理由はツインレイ女性にあるのではなく男性自身にあるということを知っておきましょう。

 

ツインレイ女性からすれば、「私のこと好きじゃないの?」と不安になりますよね。

「私が相手じゃうまくいかないのかもしれない」とツインレイであることも疑うようになるでしょう。

 

しかし、ツインレイ男性が気持ちを隠す理由は全て自分自身に問題があるからということ。

ありのままの自分を見せるのが怖かったり、高すぎるプライドが邪魔していたりしちえるのです。

 

つまりツインレイ女性に何か理由や問題があって、気持ちを隠すようなことはありません。

ツインレイ男性は、本音ではツインレイ女性のことを大好きで気持ちを伝えたいと思っています。

 

でも、自分に問題があってできていないだけなんです。

つまり、ツインレイ女性が「私が悪いのかな」と責める必要はないんですね。

 

ツインレイ男性にとってツインレイ女性は、この世でたった1人だけの特別な存在であり大切にしたいと思っています。

やっとツインレイ女性に出会えた喜びはとても大きいのです。

 

そして、「一生をかけてツインレイ女性を幸せにしたい、一緒にいたい」と考えています。

ただ、ツインレイ女性に出会うことが彼の中では初めてのことですよね。

 

そのため、ツインレイ男性は今はこれまで経験したことのない気持ちや状況に戸惑っているだけなんです。

心の準備ができれば、きっとツインレイ女性に対しても素直な気持ちを打ち明けるようになるはずですよ!

 

気持ちを言語化しないツインレイ男性にはどんな共通点がある?

気持ちを言語化しないツインレイ男性にはどんな共通点がある?

 

一口にツインレイ男性といってもその性質はさまざまです。

愛情をアピールするのが得意でいつでも情熱的に気持ちを伝える人がいる一方で、気持ちを言語化するのが苦手な人も。

 

そんな気持ちを言語化するのが苦手なツインレイ男性には、実は2つの共通点があるんです。

 

  • 自分に自信がなく消極的
  • 男性脳の特徴を強く持つ

 

ひとつは、自分に自信がなく消極的な性格だということです。

自分がツインレイであると分かったとしても、「本当に自分でいいの?」と不安で、なかなか行動に移すことができません。

 

相手も自分を好きと確信できて、やっと女性にアピールできるようになります。

「石橋を叩いて渡る」失敗をしたくないタイプといえるでしょう。

 

自分でもそんな性格を分かっているから、「好きだ」と相手に伝えるのは「らしくない」と感じてしまいます。

もうひとつの共通点は、男性脳の特徴を強く持っているということ。

 

男性だからといってみんなが男性脳になるわけではなく、女性でも男性脳の特徴を強く持っている人がいます。

この男性脳の特徴というのが、何よりも結果を求め、無駄な動きや行動を嫌う論理的タイプということ。

 

ツインレイ男性であれば「魂の統合」の目的のためどんどん行動していく様子を表します。

重視すべきは行動であり、言葉は二の次です。

 

なので、ツインレイ女性からすれば「言葉足らず」になってしまうんですね。

「2つの共通点に当てはまらないけどなぜ?」という人もいるでしょう。

 

その場合、ツインレイ男性は「サイレント期間」に突入している可能性が高いのです。

サイレント期間とはツインレイの魂の統合までにある全7ステージのうちの第4段階になります。

 

具体的には、サイレント期間は男女ともに自分と向き合うための時間です。

ツインレイ男性が気持ちを隠すのは、今は自分と向き合って気持ちを整理しているためだといえるでしょう。

 

一時的ではありますが、サイレント期間はツインレイであることの自信を失っています。

だからこそ、ツインレイ女性に「好きだ」と伝えなくなったのかもしれません。

 

本音を隠す、気持ちを言わないツインレイ男性への対応方法は?

本音を隠す、気持ちを言わないツインレイ男性への対応方法は?

 

ツインレイ男性が本音を隠す理由は理解できたものの、ツインレイ女性からすればやっぱり気持ちは素直に伝えてほしいですよね。

そこで、ここからは気持ちを言わないツインレイ男性への対応方法を3つ紹介します!

 

ツインレイ男性への対応方法
  • 彼との関係性をもっと深める
  • 愛情を言葉にできるまで信じて待つ
  • 自分から彼への愛情を伝える

 

彼との関係性をもっと深める

 

ひとつめの対応方法は、彼との関係を今よりもっと進展させることです。

ツインレイ男性が本音を隠すのは、「今は気持ちを伝えるときじゃない」と判断しているためなんですね。

 

2人の関係性をもっと深めることができれば、彼も「まさに今だ」と気持ちを伝えるようになるでしょう。

たとえば、職場や学校のクラスメイトといった、仲が悪いわけじゃないけどそこまで親しくない間柄の人がいるとします。

 

そんな関係の人と「本音を言い合ってください」「ありのままを話そう」と言われても難しいですよね。

だからこそまずは、お互いが本音を言いやすい空気になるまで仲を深めることが大事です。

 

「単純接触効果」といって、人は顔を合わせる回数が増えるほど相手に親しみを持つようになるもの。

今までよりも2人で出かけたり一緒にいる時間を増やすようにしてくださいね。

 

彼が愛情を言葉にできるまで信じて待つ

彼が愛情を言葉にできるまで信じて待つ

 

ふたつめに大事なポイントは、無理に彼の本音を聞き出そうとしないということです。

彼が愛情を言葉にできるまで、信じて待ちましょう。

 

彼は今、自分の気持ちを言語化しようと頑張っている最中です。

中には言語化することを苦手とする男性もいるはずで、それでも何とか伝わるようにしようと頑張っているはず。

 

自分のタイミングで頑張っている最中、急かされたりできないことを責められたりすると人は余計できなくなるものですよね。

急かしたことで、彼の言葉を聞くのがますます遅くなっていく恐れがあります。

 

また、「好きって言ってよ」と無理に言わせた言葉では、あなた自身も本当に満足はできないでしょう。

彼も「言わされた」という負い目がいつまでも残って後悔してしまうかもしれません。

 

ツインレイ男性である彼は、ツインレイ女性であるあなたのことを何よりも大事に想っています。

その気持ちを信じて待つのも、ツインレイ女性ができる愛情の示し方ではないでしょうか。

 

自分から彼への愛情を伝える

 

忘れてはいけないのは、自分から彼へ愛情を伝えることです。

「好きだよ」「一緒にいられて嬉しい」そんな素直な気持ちを、まずはあなたが彼に伝えてあげましょう。

 

そうすることでツインレイ男性は、自信を取り戻すはずです。

ツインレイ男性が本音を隠すのはプライドの高さもありますが、自分に自信がないことも原因としてあり得ます。

 

なので、先にあなたのほうから愛情を伝えてあげると彼は愛されている自信が湧き、あなたに気持ちを伝えやすくなりますよ。

 

まとめ

ツインレイ男性は気持ちを言わない?好きと言わない、気持ちを隠す理由を解説!

 

今回は、ツインレイ男性は気持ちを言わないのはなぜか、好きと言わない気持ちを隠す理由を解説しました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 本音を隠すツインレイ男性はいる
  • 思いが強すぎて言葉にできない
  • 自信のなさや自己肯定感の低さも
  • 彼との関係性を深めることが対処法
  • 信じて待つことが大事

 

愛情を伝え支える役割を持っているツインレイ男性ですから、本来であればストレートに気持ちをアピールしてくるもの。

ですが、さまざまな理由によって好きだと言わなかったり、本音を隠すようになります。

 

でも大丈夫なんです。

愛情を分かりやすく伝えてくることがなくても、ツインレイ男性はツインレイ女性を一生大事にしたいと思っています。

 

ツインレイ男性に本音で話してほしいと思ったら、まずはツインレイ女性から愛情を伝えてあげてくださいね。

安心することで、ツインレイ男性も素直な気持ちを伝えてくるようになりますよ!